loading
全自動ラップアラウンドケースパッカー 1
全自動ラップアラウンドケースパッカー 1

全自動ラップアラウンドケースパッカー

TECH-LONG 全自動ラップアラウンドケースパッカー 2002年に独自の研究開発からスタートしました。 世界トップクラスのサーボ制御システムを採用し、複数のサーボモーターで駆動し、優れた制御精度と優れた安定性を実現しています。 世界50以上の国と地域で広く使われています。

 

高い自動化レベル、信頼性の高い制御、簡単な調整、簡単な操作、便利なメンテナンスが特徴です。 市場をさらに開拓するために、当社は新製品の研究開発に注力し、お客様のニーズを満たすより多くのより優れた多分野包装製品の創出に努めてきました。

    おっと...!

    製品データなし。

    ホームページへ

    適用範囲

    適用可能な包装タイプ: 一体型のラップアラウンドケースパッカー。

    適用可能な包装形態: 2×2、2×3、3×4、3×5、4×5、4×6、5×6、5×8など。

      適応ボトルの種類と口径: r 丸ボトルΦ50~Φ165。 角ボトルΦ50~Φ165、異形ボトル(要サンプル確認)

    適用されるボトルベースの要件: 比較的滑らかである必要があります(たとえば、花弁状のボトルベースまたはその他の特殊なボトルベースの場合、サンプルの確認が必要です)。

    適用ボトル容量: 200~5000ml;

    適用ボトル高さ: 120~350mm;

    最適な  アンビエント  温度: 5~40℃;

    最適  アンビエント 湿度: 50~65%RH;

    最適な高度: 5〜3000メートル。

    包装出力範囲: 28~60パック/分。

      動作電源範囲: 380~480AC (±10%); 50~60Hz3PH+N+PE;

      使用圧力範囲: 5~6Bar (濾過済み、水や不純物を含まない);

      ガス消費量: 100-250L/分

    仕様

    シリーズ モード モデル 説明

    長さ*幅*高さ(mm)

    総設​​置電力(KW) 定格電力(KW) パック/分

    デバイスの主な機能

    ラップアラウンドパッカー 段ボール ZB30

    シリンダーディバイダー

    10615mmX2000mmX2400mm

    16 15

    28

    真空吸着カップと段ボールのピッキング・プレース位置決め用電子カム位相出力駆動ソレノイドバルブにより、特殊形状ボトル分割、自動潤滑、UPS、無圧ボトル供給等の機能を備えています。

    ZB35

    シングルサーボディバイダー

     

    10615mmX2000mmX2400mm

    10995mmX2000mmX2400mm

    17 16 35

    真空吸引カップは、段ボールのピッキングとプレースの位置決め用の電子カム位相出力駆動ソレノイドバルブと合わせて、一部の特殊な形状のボトルのボトル分割、自動潤滑、UPS、無圧ボトル供給などの機能に適しています。

    ZB45

    ダブルサーボディバイダー

    10615mmX2000mmX2400mm

    10995mmX2000mmX2400mm

    20 18

    40

    真空吸引カップは、段ボールのピッキングとプレースの位置決め用の電子カム位相出力駆動ソレノイドバルブとともに、デュアルサーボボトル分割、自動潤滑、UPS、無圧ボトル供給などの機能を備えています。

    ZB60 サーボインフィード段ボール

    15535mmX4200mmX2400mm

    26 24 50

    このシステムには、自動段ボール供給機能とボトル補充機能が組み込まれており、段ボールとボトルの同期機能によりボトルの充填を促進し、ダウンタイムを最小限に抑えます。また、自動潤滑、UPS バックアップ電源、無圧力ボトル装填機能も備えています。 

    ZBX60

    サーボ全体

    15535mmX4200mmX2400mm

    32 30 60

    完全自動の製品切り替え機能を備えたこのシステムには、自動段ボール供給およびボトル補充機能が組み込まれており、段ボールとボトルの同期機能によりボトルの充填を促進し、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。また、自動潤滑、UPS バックアップ電源、無圧力ボトル装填機能も備えています。 !

    ラップアラウンドケースパッカー: ZB30、ZB35、ZB45、ZB60、ZBX60

    デバイスパラメータ:

    包装速度: 28~60パッケージ/分

    適用包装: ガラス瓶、ペットボトル、缶などの丸型、角型の容器。

    空気源: 0.7MPa (7bar または 100psi)

    設置電力: 16-28KW

    サーボ軸数: 2~10軸

    Pro25-5

    装置工程

    製品パッケージの仕様に従って、最初にボトル型機構を調整する必要があります。 製品はボトルコンベアベルトから投入され、ボトルディバイダーで数列に分割されます。 次に、ボトル組立者は各列のボトルを集めてボトル グループを形成し、前進を続けます。 ボトルがボトル押し部に向かって移動すると、段ボールは段ボール供給部のコンベアチェーンに乗り、段ボール登り部のチェーンに乗り、段ボール登り部の紙送りフックにより前方に搬送されます。製品と段ボールは、折り畳みコンベヤベルトに入る前に一体化され、折り畳みコンベヤベルトのコンベヤチェーンによって駆動されます。 段ボールは進行する過程で、上下のボックスプレス部とフォーミングチューブによってゆっくりと折り畳まれ、フォルダー部を通過します。 製品と段ボールがプログラムの設定位置に到達したことを光電スイッチが検知した後、ホットメルト接着機が接着剤を噴射し、折り曲げ部を折り曲げてカートンを形成し、上下の箱押さえ部にカートンを押し込みます。カートンは接着剤の作用で形成されます。

    Pro25-7

    機能

    1. ボトル供給チェーンはボトル供給圧力を軽減するために2段階に分割されており、ネットチェーンは小さなピッチネットチェーンを採用して移行セクションの接続を減らしています。

    2. ローラーボール紙機構を採用し、ボール紙の供給速度を速くするとともに、  段ボールの不足や過剰な段ボールを検出し、ボトルや用紙の不足が発生した場合は自動的に補充され、手動操作が不要になります。

    3. ボトル押し込みエリアには転倒防止装置が設置されています。ボトル分割機能はデュアル サーボ モーターと折り畳みカムによって制御され、機械的な調整を必要とせずに、ボタン 1 つでボトル タイプを切り替えることができます。 製品交換時の電気部品の自動調整により時間を節約します。

    4. 上下プレスユニットの後部フィンガーチェーンはシングル電磁クラッチまたはフルサーボにより駆動されます。 ボトルの種類や包装形態を変更する場合、プレスユニットの前フィンガと後フィンガの間の距離は、機械の停止後に電磁クラッチの主軸を回転させるだけで調整でき、便利で迅速です。

    5. ボトル押しと段ボール供給チェーンにはサーボモーター制御システムが採用されており、途中で手動操作をすることなく、動作指示と動作モードをシームレスかつ柔軟に切り替えることができ、動作の信頼性が高いです。

    6. さまざまなモーターモデルのウィンドウがタッチスクリーン上に用意されているため、専門家、専門知識、オンラインコンピューター操作を必要とせずに簡単に選択できます。

    7. EU CE、北米UL、その他の安全認証規格を取得しています。

    包装材料の技術的パラメータ

    プロジェクト指標

    単位

    パラメーター

    A

    B

    C

    D

    E

    定量的

    g/m3

    200±10.0; 320±16.0; 230±11.5; 340±17.0; 250±12.5; 360±18.0; 280±14.0; 420±21.0; 300±15.0

    310±15.5; 360±18.0; 420±21.0; 475±23.0; 530±26.5

    気密性は以下であってはなりません 

    g/m3

    0.72

    0.70

    0.65

    0.60

    破裂指数は200〜230g/㎡以上です。 ≧250g/㎡

    kpa・㎡/g
    kgf/c㎡・㎡/g

    2.95 (0.030); 2.75 (0.028)

    2.65 (0.027)

    1.50 (0.015)

    1.10 (0.011)

    0.90 (0.0092)

    横リング圧力指数は200-230g/㎡以上です。 ≧250g/㎡

    N/m・㎡/g
    kgf/0.152m・㎡/g

    8.4(0.130); 9.7(0.150)

    8.4 (0.130)

    6.0 (0.093)

    5.2 (0.080)

    4.9 (0.076)

    横方向の折り畳み耐久性は≤340g/㎡以上です。 360g/㎡; 420g/㎡; 475g/㎡; 530g/㎡

    毎回

    80; 80; 80; 80; 80

    50; 50; 50; 50; 50

    18; 14; 10

    6; 5; 4; 3

    3; 2; 2; 1; 1

    吸水率(正/負)が以下

    g/㎡

    35/50

    40/-

    60/-

    -

    -

    配送水分

    %

    8.0±2.0

    9.0±2.0

    11.0±2.0

    11.0±3.0

    段ボールの材料要件と製造は、国家規格 GB/T 6544-2008 に従って実施されます。 一般的に次の点に注意する必要があります:

    ● 段ボールは外力を加えずに重ね合わせることができません。

    ボール紙の各バッチは一貫した色調を持っている必要があり、露出したベースの目に見える兆候を示してはなりません。

    ボール紙の表面は、明らかなブランケット印刷が​​なく、滑らかである必要があります。

    ボール紙には、折り目、亀裂、穴などの紙の欠陥があってはなりません。

    平らな紙のトリミングはきれいで滑らかでなければならず、欠けた端、欠けた角、薄い端があってはなりません。

    段ボールは品質に応じてA、B、C、D、Eの5つのグレードに分けられます。 このうち、A、B、C はウォールボードであり、技術仕様は次のパラメータを満たす必要があります。:

    段ボール比較表

    4 (15)

    ラップアラウンドケースパッカーに使用されるホットメルト接着剤の規格:

    T すべてのラップアラウンドケースパッカーのホットメルト接着剤は、高速包装生産ラインを保証するために迅速に硬化する必要があり、優れた接着強度(通常の作業環境下で粘度値は約 3000 cps に達します)を備え、良好な高接着力と良好な接着力を備えている必要があります。耐低温性を備え、高温・低温環境下でも優れた接合状態を確保します。


    T 軟化点は約105〜110℃で、この時点から柔らかくなり、溶け始めます。


    T 塗布範囲は150℃~180℃(接着剤シリンダー、スロートパイプ、スプレーガンが到達する必要がある温度範囲)、最適温度は160℃、接着剤粘度は1800~2000cpsに達する必要があります。


    固まる時間は1~1.5秒ですが、接着剤の噴霧量、使用温度、周囲温度などに関係します。

    くるみ包装機に使用するホットメルト接着剤の注意事項:

    ホットメルト接着剤は均一性を保ち、他の接着剤と混合しないでください。


    ホットメルト接着剤タンクは、雑貨が落ちて接着剤の性能に影響を与えるのを防ぐために、しっかりと覆う必要があります。


    「先入れ先出し」の原則に従い、リサイクルの利用を促進することをお勧めします。


    40℃以下の涼しく乾燥した場所に1年間保管してください。 


    LEAVE A MESSAGE
    入れ 私たちに触れてください
    私たちに質問したいことがありますか?連絡担当者をお探しですか?それとも問題についてのサポートが必要ですか?その後、お問い合わせフォームにご記入ください。 できるだけ早くご連絡させていただきます。
    関連商品
    データなし
    私たちと一緒に働く準備はできていますか?
    広州科技包装機械有限公司は1998年に設立されました。 当社の目標は、液体製品向けのフルラインのカスタマイズされたソリューションを提供することです 
    証券コード: 002209
    リソース
    電話:(0086 20) 62956800
    著作権© 2023  広州TECH-LONG包装機械有限公司  | サイトマップ
    detect